変わっているのは相場?それともあなた?

2020-03-06

ボラティリティの高い相場が引き続き

昨晩のダウは前日比-969.58ドル(-3.58%)の26121.28で引けました。
相変わらずボラティリティの高い相場が続いています。

2/24からのダウの推移

ここで改めて、2/24からのダウの推移を見てみましょう。

2/24(月) -1031
2/25(火) -879
2/26(水) -123
2/27(木) -1190
2/28(金) -357
3/2 (月) +1293
3/3 (火) -785
3/4 (水) +1173
3/5 (木) -969

最初の1週間5営業日はずっと↓、2週目からはピーキーに上下を繰り返す展開。

読めませんよこんなの。

考えようによっては

ボラティリティが大きく、値幅があるので、ちょっと投資(投機)したら儲かるんじゃないかと、人間の欲を絶妙に刺激してくれる局面です。

考え方によっては、トレード欲を抑えて我慢する精神修養の訓練にはこれ以上の環境はありません。

かくいう私自身も、こういう相場で疼く心を抑える訓練を始めたばかりですが、精神修養訓練にはもってこいな局面だと実感しています。

訓練自体は上手く行くどころかウズウズと疼きまくっていますが、「長期で見れば日々の値動きなど微々たるもの」と自らに信じ込ませることを繰り返すうちに、自分の中にあった何か迷いのようなものは、少しずつ小さくなってきていることは確実に感じ取っています。

まだまだ疼くんですけどね。

そう簡単に自分の性質・性格を抑えられるなら、訓練なんて要らないんですよ。

難しいから訓練するんです。

変わっているのは相場?それともあなた?

日々激しく上下して、我々を誘ってくる相場。

これをお読みの方の中にも、日々の値動きに惑わされ、強気・弱気の見方が日々入れ替わってる人も少なくないんじゃないでしょうか。

でも、よく考えてみて下さい。

昨日の相場と、今日の相場、それを取り巻く経済環境、コロナウイルスの状況、企業の業績、そんなに毎日コロコロ変わってますか?

変わるはずないですよね。

変わっているのは、日々の値動きを見て一喜一憂するあなたの心、あなたの見方。

相場の動きにいちいち振り回されているようでは、いつまでたっても一貫した投資ルールなど守れません。

相場に振り回されて「見方」を変えるのではなく、あなた自身の相場への関わり方、心の持ち方を一本筋の通ったものに変えて、長期に渡って勝てる投資ができるよう、努力と訓練を重ねて行きましょう。

そして10年後20年後、厳しい訓練を乗り越えたご褒美として、大きな果実を皆で分け合えるととても素敵ですね。

それではまた。

明日に向かってFIRE!!

あなたの応援が私の励みになります。
↓ランキング応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村