貸株制度のメリット・デメリット。受取金利はどれぐらいなのか?

こんにちわ。株猿です。

今日は、貸株制度について説明したいと思います。

貸株制度とは?

現物で持っている株を貸出することによって、貸出金利を受け取れる制度です。私がメインで使っている楽天証券やSBI証券等で提供されているサービスです。他者に貸出された株券は空売り等に使われ、貸出先の買い戻しによって返却されます。

株を貸出中であっても株主優待や配当金相当額を受け取ることは可能ですし、売りたいと思ったときに売ることが可能です。証券会社によって柔軟な自動設定が可能で、優待・配当の権利確定日に自動で貸出を解除してくれるサービスもあります。

貸株のメリット

1.貸株金利が得られる
現物で持っているだけだと、キャピタルゲイン(値上がり益)とインカムゲイン(配当金)が得られるのみですが、貸株に出すことによって、少額ですが+αの貸株金利を得ることができます。

ただ持っているだけだと何ももらえないけど、貸株すれば+αで貸株金利が貰えるのは確かに嬉しい仕組みですが、貸株にはメリットだけではなく、デメリットもあります。

(※貸株金利は雑所得として総合課税されます。しかし、給与所得者の場合、年間給与が2000万円以下で、雑所得が20万円以下の場合は確定申告不要のため課税されません。詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせ下さい。)

貸株のデメリット

1.株主優待自動取得設定ができない銘柄の存在
貸株サービスを提供する証券会社は、株主優待の権利確定日の情報を、東洋経済新報社から取得しています。従って、東洋経済新報社の株主優待情報で権利確定日が明示されていない銘柄については、優待自動取得設定の対象外となります。それを知らずに貸出してしまうと、優待が取得できなくなります。そのため、貸出の対象とするかしないかは、慎重な検討が必要です。

2.株主優待の長期継続保有特典がある場合、長期継続保有特典を受けられない
貸株とは、保有株式を貸出している状態で、所有権を移転していることになります。つまり、その株式を所有していないこととなってしまい、継続保有としてみなされません。そのため、株主優待の長期継続保有特典がある場合、貸株をしてしまうと長期継続保有特典を受けられません。

3.「配当金相当額」は、雑所得として二重課税される可能性がある
配当権利確定日に現物株式を保有している場合、「配当金」の受け取りが可能です。この現物株式を貸出している状態で配当権利確定日を迎えた場合、受け取れるのは「配当金」ではなく「配当金相当額」です。

配当金は、配当金に対して20.315%の配当課税が掛かり、残額が手元に残ります。
配当金相当額は、配当金額から配当課税相当分(20.315%)を源泉徴収した額が口座に入金されますが、入金された配当金相当額は、雑所得として扱われます。雑所得は前述の通り、「給与所得者で年間給与が2000万円以下で、雑所得が20万円以下」という条件を満たさない場合は課税対象になるため、20.315%の配当課税相当を引かれた額に対して、更に課税される可能性があります。

4.配当金と違って、配当金相当額は損益通算できない
配当金は株式の売却損と損益通算が可能だが、配当金相当額は雑所得扱いで損益通算ができません。

5.税金の考え方が複雑になる
ここまで読んできて既にお気づきの方もいると思いますが、雑所得が絡んでくることにより、税金の考え方が格段に面倒になります。源泉分離課税で面倒を避けている、という方には、極めてオススメできません。

貸株金利ってどのぐらいもらえるの?

1.米国株口座で貸株サービスを利用した場合
米国株口座で貸株サービスを利用していましたが、知る限りではほとんどが0.01%と非常に低利でした。月平均30,000ドル前後の株式保有残高に対して、受取金利が月0.2ドル程度でした。

2.日本株口座で貸株サービスを利用した場合
通常0.1%のものが多いです。自分の口座で保有している銘柄の中で言えば、日によって稀に0.4%のものもありました。自分の目で見た中ではそれが最高の利率です。他のサイトを調べたところによると銘柄によって14%という記述がありましたが、私は見たことがありません。

私の実績で言うと、月平均550万の株式保有残高に対して、受取金利が400円前後でした。

株猿は貸株をどう使っている?

1.米国株の場合
米国株の場合、貸株金利が0.01%と非常に低利で利用するメリットをあまり感じられず、税金面で複雑で面倒になる可能性が高いと感じたため、米国株の貸株サービスは全て解約しました。

2.日本株の場合
株主優待の長期継続保有特典がある銘柄については、貸株を行っておりません。

株主優待の長期継続保有特典がなく、株主優待がある銘柄については、権利確定日の自動返却を設定の上、貸株を行って多少の金利を得ています。

株主優待がない銘柄については、ずっと貸株に出したまま放置して、継続的に金利を受け取っています。

受け取った金利は、少額ながらもインデックス投信にコツコツ放り込んでいます。

まとめ

貸株のメリット

  • キャピタルゲイン、インカムゲインに加えて、貸株金利が受け取れる
貸株のデメリット

  • 株主優待自動取得設定ができない銘柄が存在する
  • 株主優待の長期継続保有特典がある場合、長期継続保有特典を受けられない
  • 「配当金相当額」は、雑所得として二重課税される可能性がある
  • 配当金と違って、配当金相当額は株式譲渡損と損益通算できない
  • 雑所得のため、税金の考え方が格段に複雑になる

それではまた。

明日はきっと明るい日!
皆様に良き投資ライフを!

個人投資家の様々な分析記事はこちら。

Betmob|投資家ブログまとめメディア

あなたの応援が私の励みになります。
↓ランキング応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村