2020年6月の総資産額、ポートフォリオ、投資成績を公開

Left Caption

株猿

こんにちわ、株猿です。投資再開後5か月目、2020年6月の結果をまとめました。

再開初月にコロナショックが直撃し、とんでもない目に合いましたが、今や元の水準まで戻しました。最終目標FIREに向けて、前途多難な滑り出しとなりましたが、私は2度の退場を経験して、三度目の挑戦を続けるめげない男。10年後に結果で応える男です。

それでは今月の結果、参りましょう。

総資産額及び現金・リスク資産比率

項目 前月 今月 増減 増減(%)
総資産 \27,715,589 \30,713,520 +\2,997,931 +10.8%
現金 \13,059,169 \15,643,656 +\2,575,487 +19.7%
現物株式 \12,776,013 \13,086,653 +\310,640 +2.4%
投信 \1,397,915 \1,632,962 +\87,185 +5.6%
年金 \331,630 \356,249 +\24,619 +7.4%

現金・リスク資産比率 現金50.9%、リスク資産49.1%

前月の結果報告以降、投資方針を見直し、ポートフォリオを大幅に入れ替え、結果としてリバランスのような形になり、CP50%を維持しています。ポートフォリオ見直しの詳細は後述します。

資産推移

コロナショックの落ち込みを乗り越え、YTDで8.48%となっています。
前月比で言うと+2,997,931、10.82%です。

ボーナス投入、自社株評価額アップ、Saas系グロース株投入により大幅な伸びを見せましたが、自社株は今後も積み上げるつもりでおるため、株価の上昇を素直に喜べません。自社株の株価が上がってしまうと、同じ金額で購入できる株数が減ってしまい、結果として配当利回りが悪くなります。

配当金、貸株利金記録

6月の受取配当金、貸株利金は\58,119、累積では\83,529となっています。
配当ポジションをかなり解消し、増やしているのがハイテク寄りのため、配当の伸びは今後鈍化すると思います。

日米現物株ポートフォリオ


※黒塗りは自社株です。身バレ防止のため銘柄、株数、株価は伏せております。

日本株含み損益 \1,893,104(+39.24%)
米国株含み損益 $7,137.63(+13.97)

米国株構成

大きく以下のようなポートフォリオ変更を行いました。

①実態、どれだけ海外資産に振り分けているのか管理が面倒になったので、国内株式口座に乱立していた米国指数系ETFを片付けました。米国株口座で指数系のETFを持ち、投信用口座で複数の米国指数系投信を購入しており、コントロールしづらくなっていたものを整理した形になります。

②米国株口座に、勢いのあるSaas系グロース株を投入しました。今後、配当系はあまり重視しない方針に切り替えています。配当利回り5%程度であれば、グロース株の1日の値上がりで賄えてしまうためです。

今後の買い増し対象ウォッチリスト上位は、DOCU,FSLY,DDOG,CRWDです。

③HDV,SPYD等、成績が振るわないものを、損益相殺する形で整理しました。元々損益相殺するつもりでタイミングを見計らっていたため、処分までの期間がだいぶ長くなりましたが、下記の記事での宣言通りの対応です。

今月の追加投資

■定期積立

項目 金額
自社株 210,000
積立NISA 33,333
iDeco 23,000
投信積立 16,667
283,000

ボーナス月で自社株積立が大きくなっています。定期積立は淡々と積み上げ中です。

■つもり投資(eMAXIS Slim 米国株式(S&P500))
8,100(純投資分が8,100で、未投資のつもり貯金が今月は10,450分残ってます。つもり貯金は待機資金行きです。)

■個別株

新規購入 理由
DOCU +20株(計60株) 業績好調かつ、コロナによるリモートワークでDocusign利用が伸びると考えたため。また、コロナがなくとも契約簡素化、コストダウンに有力なソリューションになるため。今後数年の継続成長を見込む。
DDOG +40株(計60株) 業績好調、かつIT案件のクラウド対応が大幅に増えており、それに引きずられる形なのか、DDOG利用案件が恐ろしい勢いで増加中のため。
CRWD +70株(計70株) 業績好調、成長加速を見込む。CRWD採用企業が身の回りでも増加中のため。
FSLY +100株(計100株) 業績好調、成長加速期待。エッジコンピューティング独走中。

総括

Saas銘柄が好調です。暫くここに注力しようかなと考えています。

相場全体はかなり高いところまで来ており、上値が重い状態です。かなり神経質な動きを繰り返しており、かといって下がりそうになると下では拾われています。当面BOXかと想定しており、下手な動きは控えるつもりでいます。

BOXが続く間は、ニュートラルなCP50を維持します。上に行くならCP30ぐらいまでは踏み込むつもりでいますが、コロナ終息が見えてきたころには、再びCP50まで戻すつもりでいます。下に向かうのであれば、3月安値の近辺で再度CP50目途にリバランスを行います。

それではまた。皆様に良き投資ライフを!

あなたの応援が私の励みになります。
↓ランキング応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア