2020年5月の総資産額、ポートフォリオ、投資成績を公開

Left Caption

株猿

こんにちわ、株猿です。投資再開後4か月目、2020年5月の結果をまとめました。

再開初月にコロナショックが直撃し、とんでもない目に合いましたが、今や元の水準まで戻しました。最終目標FIREに向けて、前途多難な滑り出しとなりましたが、私は2度の退場を経験して、三度目の挑戦を続けるめげない男。10年後に結果で応える男です。

それでは今月の結果、参りましょう。

総資産額及び現金・リスク資産比率

項目 前月 今月 増減 増減(%)
総資産 \27,171,596 \27,715,589 +\543,993 +2.00%
現金 \13,741,727 \13,059,169 -\682,558 -4.96%
現物株式 \11,748,132 \12,776,013 +\1,027,881 +8.7%
投信 \1,397,915 \1,397,915 +\150,862 +10.79%
年金 \283,822 \331,630 +\47,808 +16.84%

現金・リスク資産比率 現金47.12%、リスク資産52.88%

前月の結果報告以降、毎月の自社株定期積立、積立NISA、iDeco,投信積立以外では、DOCUを15株、DDOGを20株、QQQを3株、VIGを10株増やしています。

CP45%~55%維持を目標にしていたので、想定の枠内です。実はもう少しCP高めで、コロナ前の水準まで戻ったのですが、集計直前に学資保険1年分*2名分でごっそり現金を持っていかれて、少し総資産額と現金比率が下がってしまいました。来月はボーナス+給付金-固定資産税があるので、そこでようやくバランスが取れるかなと思います。

資産推移

前述の通り学資保険の払い込みがあったため少し下がったものの、それがなければほぼ開始の際の水準に戻っています。それにしても、ほぼ真っ平なグラフで面白みがありません。

配当金、貸株利金記録

5月の受取配当金、貸株利金は\7,785、累積では\25,410となっています。
配当ポジションを積み上げておらず、増やしているのがハイテク寄りのため、配当の伸びはイマイチです。

日米現物株ポートフォリオ、投信等含み損益

日本株含み損益 \735,410
米国株含み損益 $581.61
投信含み損益 -\79,119

全体では約70万円ほどの含み益です。
※自社株は資産総額には含んでいますが、身バレ防止のために個別は伏せさせて頂いており、
 本項目の中でカウントしていません。ご了承下さい。

米国株構成

先月はハイテク57.3%、配当系42.7%でしたが、DOCU、DDOG、QQQの買い増し、VIGの買い増しにより、ハイテク62.2%になりました。

もともと配当系ポートフォリオ構築を目指していましたが、もはや配当系は残骸程度しか残っていません。当初は、配当額の増分を見ることで投資に対するモチベーションを上げることを優先していたため、配当用の株式を多めに購入していました。今は元の計画とだいぶ異なりますが、何となく配当にこだわる必要はないかな、という気になってきてます。

ただ、好きなものを好きなように買ってきたせいでポートフォリオが汚く、リスク分散にもなっていません。
もはやポートフォリオと呼んでよいのかどうなのかわからないので、呼び名を「保有株式」に変えようかと思いました。ポートフォリオと呼ぶには恥ずかしい構成です。

今後の買い増し対象ウォッチリストには、QQQ,DOCU,DDOG,AMZN,MSFT,V,NOW,CRWD,VIG,ABBV,T,PM,VZが入ってます。VRSN,DISを外し、CRWD,VZをウォッチリストに入れました。

コロナショックで大幅なダメージを負っている、WYNN、LVSもウォッチリストに先月入れましたが、もうコロナネタは終盤だろうと考えウォッチリストから外しました。結局見てただけです。

逆に、HDVとSPYDは3/20の記事で述べた通り、いずれタイミングを見てポートフォリオから除外する予定です。
でも、そのタイミングがなかなか来ません。ひとまず待ちです。

今月の追加投資

■定期積立

項目 金額
自社株 52,500
積立NISA 33,333
iDeco 23,000
投信積立 16,667
125,500

定期積立は淡々と積み上げ中です。

■つもり投資(eMAXIS Slim 米国株式(S&P500))
8,000(純投資分が8,000で、未投資のつもり貯金が今月は32,000分残ってます。待機資金行きです。)

■個別株

新規購入 理由
DOCU +15株(計40株) 業績好調かつ、コロナによるリモートワークでDocusign利用が伸びると考えたため。また、コロナがなくとも契約簡素化、コストダウンに有力なソリューションになるため。
DDOG +20株(計20株) 業績好調、かつIT案件のクラウド対応が大幅に増えており、それに引きずられる形なのか、DDOG利用案件が恐ろしい勢いで増加中のため。

あとQQQ3株、VIG10株追加しました。

総括

Saas銘柄が好調です。暫くここに注力しようかなと考えています。

相場全体はかなり高いところまで来ましたが、相変わらず強いので、上方向についていこうと思ってます。

但し、米国も中国も失業率が異常な水準なので、調子に乗らないように引き続きCP50目安で警戒しながらの追従です。

それではまた。皆様に良き投資ライフを!

あなたの応援が私の励みになります。
↓ランキング応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア